IR情報 mainvisual

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

当社は、株主の利益の最大化を図りつつ、当社の経営理念の1つである『「からだ」・「健康」・「美」に関する適切な情報をインターネットを通じて発信することにより、事業者と消費者のコミュニケーションツールとなることで、人々の生活・文化に貢献します。』のとおり、株主・クライアント・エンドユーザー・従業員・地域の方々等すべてのステークホルダーに対して、経営の健全性・効率性・透明性を通じて企業社会の一員としての社会的責任を果たしていくことをコーポレート・ガバナンスの基本方針としております。
その実現のために、現状に満足することなく経営環境の変化に応じてコーポレート・ガバナンス体制を強化し、企業価値の最大化を図ってまいります。

コーポレート・ガバナンス体制

governance


【取締役会】

取締役会については、取締役7名(うち社外取締役1名)で構成され毎月1回定例で開催しております。さらに、必要に応じて機動的に臨時取締役会も開催しております。
取締役会では、経営戦略の決定、重要事項の付議のほか、業績の進捗状況、業務の執行状況が報告されております。また、各取締役が誰に対しても自由な意見を述べることで取締役間で相互牽制を行いながら業務執行の監督を行う機関として位置づけ運営しております。
また、原則として監査役が毎回取締役会に出席し、監査役としての立場から自由に意見を述べるとともに、取締役の業務執行が法令・定款に違反していないかチェックを行っております。

<社外取締役の活動状況>
1名の社外取締役は、経理・財務、人事・総務等の豊富な知識・経験に基づき、客観的株主視点から取締役会において助言、提言を行っております。

【監査役・監査役会】

当社は、監査役制度を採用しております。また、常勤監査役1名と非常勤社外監査役2名の計3名で監査役会を構成しております。監査役は、取締役会に出席し、決算監査、会計監査を行い、取締役との面談を通じて各業務執行の監査、不正行為や法令・定款違反の監査等を中心に行っております。

<内部監査部門との連携>
監査役は、期首に定めた監査計画書に基づき、内部監査担当部署と定期的に会合を持ち、情報を共有しております。また、内部監査担当部署から内部監査の結果の報告を受ける他、テーマによっては合同監査を実施し、連携を図っております。

<社外監査役の活動状況>
2名の社外監査役は、弁護士及び公認会計士としての専門的見地及び経理・財務、人事・総務等の豊富な知識・経験から、取締役会において助言、提言を行っております。

【内部監査】

当社は、内部監査担当2名が、全ての業務に潜在するビジネスリスクの低減を図るため、会社の業務活動が法令、社内規程、企業倫理、社会規範に準拠し適正かつ効率的に行われているかについての内部監査を定期的に行っております。
また、監査役とも緊密な連携を図りながら、内部監査に関する監査計画、監査結果についての改善策等につき意見交換を行うなど、健全経営に向けた内部統制機能の強化に努めております。

株式会社メディカルネット