Medical Net
閉じる

採用情報社員インタビュー

コンテンツ事業部ポータルチーム
サブチーフ

平岡 恵美Megumi Hiraoka

2015年入社

インタビュー風景
インタビュー風景

―入社されてからの期間と入社動機を教えてください。

入社してから1年半ほどになります。
前職では、企業のwebマーケティングやweb制作を受託する立場でソリューションの企画・営業をしていました。クライアントである官公庁や民間企業様々な業界に触れる中で、医療系のクライアントとも接点があり、医療や教育業界への興味が高まり、事業会社の立場で仕事をしたいと考えました。

当社は上場から7年のベンチャーでありつつ、歯科分野における安定した事業基盤があることから、長期的に成長できる良い環境ではないかと考え入社を決めました。
面接時に「歯科と美容(整形)、どっちがいいですか?」と聞かれ、面白そうだなと思って美容を選びました。

-どのような業務を行なっているか聞かせてください。

既存の美容ポータルサイトのリーダーをしています。
サイト成長の方向性を考え、改善や新規の広告を企画するなどを考える役割になります。
常時行なっているのはサイト改善ですね。サイト成長の方向性を考え、改善や新規の広告を企画するなどを考える役割になります。
クライアントとの交渉や企業間のアライアンスなどフロントの業務が得意なので、積極的に対応することでサイト成長に繋げるようにしています。チームは私を含めて3名なのでなかなか忙しいです。常にサイト改善を進めつつ、かつ既存の顧客の満足度を維持しなくてはなりません。そこが大変な点ですね。

インタビュー風景

-どのような部分に仕事のやりがいを感じていますか?

医療情報を一般消費者に適切なかたちで提供するということは、実はとても難しいことなんだと、入社後に痛感しています。様々な公的な規制を理解しつつ、その中でユーザとクライアントそれぞれにご納得いただくように情報を提供するためには、業界や広告規制に関する知識を常に勉強しなくてはならないと感じています。

ただ、その中で、本当に「世の中にとって必要となる情報」を模索しつつ、日々業務にあたることはとても大きなやりがいとなっています。
また、組織としての役割については、与えられたことをただやるというのではなく、こうしたらより良いのではないかと思ったことは発言ができる環境なので、このあたりもモチベーションに繋がっています。

―どんな人だったら、チームに向いているとお考えですか?

自発的に動こうとする人はとても向いている職場だと思います。また、何か一つ、キャリアやスキルの強みをもっている人がいいかなと思います。
医療や美容に関する知識については、入社後に深められますが、そもそも関心が高い人でないと提供するサービスを熟考することもできないと思うので、やはり業界への興味関心が高い人であって欲しいと感じています。

新入社員の方であれば、頭の回転が早くて、活発な人。なんでも興味を持って吸収してくれるタイプがいいです。中途の方だったら「これが自分の特技です!」というスキルを持っている人がいいですね。
一人で出来ることには限界があるので、チームとして動く意識をもって行動してもらえる人が向いていると思います。

-会社で気に入っている点、自慢できる点を聞かせてください。

おかげ様で、私のチームはとても仲が良いです。言いたいことが遠慮なく言える、互いが成長できるようなチームを目指していますし、そうなりつつあると実感しています。
もちろん切磋琢磨する中では厳しく辛い面は多々ありますが、結果的に「良いチームで働けている」と思ってもらえるのではないかと感じられるメンバーに恵まれていることです。

そんなチームなので、自分がやりたいことを提案した時に、受け入れてもらえるところも良い点だと思っています。業務範囲を固定化していないので(施策をパラレルで動かしている為、出来ないという側面もありますが。笑)、自発的に発案できる人だったらやりやすい環境だと思っています。

インタビュー風景

-休日の過ごし方を教えてください。

ゴルフが趣味です。スクールに週一回通っています。ゴルフが面白いのは、なかなか自分の思い通りにいかないことがまずひとつ。あとはゴルフを通して、社外の人たちとも深く交流ができるので楽しんでいます。職場とは違う人たちと出会えることが二つ目の魅力です。また、ITに関わる仕事の反動か、だんだん自然が好きになってきていまして、最近は登山によくいきます。特に健康づくり、という意識ではないですけどハマっています。
ゴルフも登山も、そのあとのビールがとても美味しいです(笑)

-今後の目標や、なりたい将来像を聞かせてください。

直近の目標は、自身のチームの事業規模(売上規模)を広げていくことが使命だと考えていますが、将来的には、予防医療などの健康分野に関するサービスに携わって、うちの会社の知名度を上げられたら、そんな風に成長できたら面白いな、なんて夢のようなことをぼんやりと考えています。あとは、個人のキャリアとしてはプランナーとしての経歴を積んできているので、サービスの立ち上げに参加したいなと考えています。